おっちょこちょいな関西人の管理人(レモン)が東京での日々の奮闘をお伝えします☆
06 // 2017.07 // 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
旅で出会った猫たち

続いて、猫さんたち 


にゃ~にゃ~ 聞こえるのでふり返って見れば、

お父さんの激しいブラッシングによろよろ~よろよろ~
猫(パリ)01 



また にゃ~にゃ~聞こえる と思ってふり返れば、

こちらは い~れ~て~  と必死に訴え中
猫(フォンテーヌブローアヴォン)01 

ワタシは静かに日向ぼっこ (微動だにせず)
猫(プロヴァン)01 


続いて、マラッカの猫たち

暑いマラッカでは小さい日陰を頼りに素早く移動
猫(マラッカ)01 

木陰で静かに過ごすのが一番!
猫(マラッカ)02 


たくさんの犬好き・猫好きブロガーさんの記事を読んでいるうちに、レモンも旅先で出会った犬くん、猫さんを撮影するようになりました


(おまけ)

フォンテーヌブローで「もう歩けない~」と立ち止まった足元に、あらこんにちは!てんとう虫さん

てんとう虫(フォンテーヌブローアヴォン)01 もし頑張ってもう一歩足を出してたら。。危なかった~





ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログランキングに参加しています。 
            今日は何位かな?




スポンサーサイト
【2010.10.31 (Sun)】 ’10年09月 フランス・マレーシア // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
パリで出会った犬

こちらも旅ブログでは出番がないかもしれないので、ここでお披露目です☆

蚤の市での出会い
犬(蚤の市)01
 

ご主人と一緒に掘り出し物探し
犬(蚤の市)02 

僕をモデルに一枚描きませんか?
犬(モンマルトル)01 

こっち!こっち~!
犬(パリ)02 

いつまでも待つわ
犬(パリ)03 

チラッ チラッ っとこちらを見ては前を向く姿が可愛い☆



ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログランキングに参加しています。 
            今日は何位かな?



【2010.10.30 (Sat)】 ’10年09月 フランス・マレーシア // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
マレーシア

旅はもう少し続きます。

マレーシアでは世界遺産マラッカへ行ったり、水色のご飯を食べました☆

ニョニャ料理
クアラルンプール03

15~16世紀にマレー半島に移住してきた中国人と、現地女性との間に生まれた子供とその子孫をプラナカン言い、それぞれ男性をババ、女性をニョニャと言うそうです。プラナカンは中国文化をベースにマレーや西洋との折衷文化を育んできました。
こちらのお料理はプランナカンの女性=ニョニャが作ったニョニャ料理です。
青いご飯は子供たちが喜んで食べるように~と作られたものだそうですが・・・レモンはもう頭が固いオトナだからか、青いご飯を見て食欲がわく!ってことはありませんでした
ちなみにこの青い色はバタフライピー・フラワーという花で色づけしているそうです

下はニョニャ料理のレストラン。(注:上のお料理のお店ではありません)

フランスでは観光第一!次にお買い物!の私たちでしたが、マレーシアでは観光第一!次に食事!でした
だからマレーシアの食事についてはしっかりリサーチしていきました。

レモン的には次にお買い物!が良かったんですけどね バジルさんが香辛料大好き!辛いもの大好き!東南アジアのお料理が大!大!大好きなので・・。
(香辛料苦手辛いもの苦手~のレモンにとっては、毎食、戦い!でしたけど

こちら、雑誌で見つけたレストラン。

Precious Old China
クアラルンプール01 

セントラル・マーケットの中にあります。
スタッフは親切ですよ。お料理は・・・あまりに辛くて味がよくわかりませんでしたが、バジルさん曰く、美味しかったそうです


ニョニャの話が長くなりました

次はマラッカです

Malacca  Dutch Square
マラッカ01

オランダ広場 ↑ と、レモンが食いついたお魚 ↓ です。

旅ブログの方では却下されてしまいそうなので、こちらに載せました☆
マラッカ02

マラッカは以前はもっと静かな、昔ながらの風情ある街だったそうですが、世界遺産に認定されてからは商売人がたくさんやってきて一気に観光地化したそうです。残念。。。


マレーシアでも、色んな所に行って、色んなものを見て、おもしろいものも体験して、楽しかったです




(。。。ここでちょっと余計なおまけ。。。↓ )


マレーシアの旅の目的は、そもそもレモンとバジルさんとで全く違いました。

レモンは高級ホテルを満喫したい。
バジルさんはクアラルンプールは見つくした!もう来なくてもいい!っていうくらいしっかり見ておきたい。

そう、まさに正反対。

それが喧嘩のもととなりました

珍しく旅の途中で喧嘩をしました(日常ではしょっちゅうです

ちょうどレモンの体調が悪い時のピークが、パリからマレーシアへの移動途中
そしてマレーシアについたら土砂降りの雨

「今日はホテルでゆっくりしなさいってことだね~」と言うレモンの一言に、

「何そのテンションの低さ!パリの時と気合が違いすぎる!レモンがマレーシアって!ってばかり言うからこっちまでテンション低くなる!」と怒り出すバジルさん。

あら・・・いじめすぎた

旅の準備段階から「マレーシアって何があるの~」といじめてたレモン。
ただ単に、滅多にいじめられることがないから、ここぞとばかりいじめてたんですが・・・いじめすぎたみたい。

って反省しつつも、こんなに体調が悪い姿を見ながら、「気合が足りない!出かけるぞ!」というバジルさんにムッとしてしまう。

で、どうしたかって?

「いじめすぎました。ゴメンなさい。」と言いました。 (反省したので)

でもそれでは何か引っかかってレモンの気持ちがちょっぴりおさまらないので、バジルさんの機嫌が直ったころを見計らって、

「いじめすぎたのは悪かったけど、あんなに具合が悪くて辛そうにしている人に向かって”気合が足りない!出かけるぞ!”はヒドイ 出発前に、”色々スケジュールたてたけど、それに縛られずに休憩が必要な時は休もうね”って約束しあったことはどこに行ったの。休憩したいって言った時のあの冷たい目!」と訴え、レモンの倍以上、謝ってもらいました

そんな感じで幸先の悪いマレーシアの滞在となりましたが、体調不良も足が腫れ上がってることもあの暑さにも耐え、クアラルンプールの町を歩きに歩き、しっかりバジルさん好みの旅行ができました。

何だかんだ言っても相手ががっかりする姿は見たくないですものね

とは言っても、ま~ったくホテルを満喫できなかったレモン。ここまで来たからにはバジルさんの希望を叶えたい!と頑張った結果なので後悔はないのですが、最後に約束していたホテルでのティータイムが反故にされたときには、また(小さく→)噴火

何だかホテルのチェックインの時もチャックアウトの時もいつも笑顔がありませんでした


でもいいんだぁ~。

クアラルンプールを色々見れたことはレモンにとってもいいことだし、いつか更に高級なホテルに泊まらせてもらうし(←勝手に考えてます)、喧嘩も2勝1敗だし、ここに書いてスッとしたし

(バジルさん、さっきちらっと書きかけの記事を見て、いいよ、書いてもって言ってました) 




ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログランキングに参加しています。 
            今日は何位かな?
 


【2010.10.30 (Sat)】 ’10年09月 フランス・マレーシア // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
フランスではこんなところにも行きました ^^

昨年に続いて2度目のパリ 

もう一度訪れたい所、新たに行ってみたい所、食べたいもの、買いたいもの、見たいもの、したいこと、挙げたらきりがないくらいにた~くさんありました
どれもこれも私たちには新しい挑戦です

特にその中でも、昨年行ったらお休みだった世界遺産のフォンテーヌブロー城、そして同じく世界遺産の街プロヴァンはとても楽しみにしていました。
パリの街も大好きですが、郊外の雰囲気ある街をお散歩するのもとっても楽しいです。

Chateau de Fontainebleau
 フォンテーヌブロー城 


駅からお城まではバスで15分ほどですが、私たちは去年と同様、歩いていきました。
駅から10分ほど歩くと、お城から続く長い運河のちょうど終点の辺りにでます。そこから運河沿いに森の中を歩いてそのまま庭園に入り、お城の正面へ~と言うのが私たちのお気に入りコースです。

お城、今回はちゃんと開いてました。

フォンテーヌブロー城は火曜日がお休み。 もう覚えました

フォンテーヌブロー城はフランソワ1世からルイ16世まで7代の王が次々と増改築して現在の姿になっているので、一回りすると中世から18世紀末までの建築様式を見ることができます。
レモンは建築様式に詳しくないのでどの部分がどうとは説明できませんが、外見からも違いがわかると思います
日本ではあまり知られていませんが(レモンが知らなかっただけかもしれませんが)、見応え十分です!!


Provins
フランス(プロヴァン)01

プロヴァンは11世紀~13世紀にシャンパーニュ地方の商業の中心地として栄えた街です。
今も当時の町並みが残っていて素敵です。
がしかし、坂道が多い!車が多い!そして、犬の落し物が異常に多い!(これからお食事の方、ゴメンなさい)
ゆっくりその町並みをみる余裕が・・・



それとこちらも一度行ってみたかった蚤の市。
Les Puces de Vanves
フランス(蚤の市)01
 

パリに到着してすぐに行きました。
外は待ち構えていたような雨。。。 お店は1時間ほどで閉まってしまいましたが、雰囲気はしっかり味わえました☆
何に使うかよくわからないもの、コレを買って一体どうすればいいのかわからないものがたくさんありました。
1時間のうちに、「これ何?」って何回いったでしょう

約1時間の散策で、戦利品は・・・ありません。
だって大好きな食器を手に取ろうものなら、隣にいる人が「そんに汚れてる姿を見たら絶対使えない!」って。
まぁそんな気持ちになる程どれも汚れてるんですけどね
(きれいに洗って~とかきれいに拭いて~ってことはしないようです) 




フランスは、あれほど興味がなかった数年前がウソのように、今、レモンの中で”通いつめたい国”になりました。
また機会があれば・・・というか絶対に機会をつくってまた行きたいです☆


旅の最後はいつも凱旋門
パリ(凱旋門)01



体調があまりよくない中での旅行となりました。
初日から歩きすぎて、2日目には既に足が腫れあがりました。

実は、足が痛くて体が辛くて、前を歩くバジルさんに蹴りを入れたくなるくらいの時もありました。

でも、

そんなことがあっても、 楽しかった~~~ って言える滞在になりました。

やっぱり、お礼言わなくっちゃ。

バジルさん、ありがとう

だから、

また連れて行ってね




あっ旅はまだ続きます。バジルさんが行きたかったマレーシアへ

ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログランキングに参加しています。 
            今日は何位かな?



【2010.10.28 (Thu)】 ’10年09月 フランス・マレーシア // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
パリの街 

9月に訪れたパリは、街が少しずつ秋色に変わるところでした

たくさん、たくさん、た~くさん 歩きました

Village St-Paul
パリ(アンティーク)01 
Passages
パリ(パッサージュ)01 
Passages
パリ(パッサージュ)02 
Pantheon
パリ(パンテオン)01
Montmartre
パリ(モンマルトル)01
Montmartre
パリ(モンマルトル)02 





ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログランキングに参加しています。 
            今日は何位かな?




【2010.10.26 (Tue)】 ’10年09月 フランス・マレーシア // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
| BLOG TOP | 次のページ »
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
lemon
  • lemon
  • 家から一歩出れば迷子になってばかり。まだ大阪駅も歩けないのに東京へ引っ越すことに!(と思っていたら新居は横浜だった^^;)東京での日々の奮闘を記録しようと始めたブログが、大阪に戻った今でも続いています。
    だって今も日々奮闘中・・・^^
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
Copyright © 2005 レモンのTokyo→Osaka奮闘記 ☆ All Rights Reserved. 【 / 】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。