おっちょこちょいな関西人の管理人(レモン)が東京での日々の奮闘をお伝えします☆
10 // 2017.11 // 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
尾瀬の植物


あら?わたくしってば、肝心の尾瀬の植物をご紹介してませんわ

って気づいたのは、昨夜、夜中の2時頃

最近なかなか寝付けなくて・・・あせればあせるほど寝れなくて・・
(翌日も何の予定もないからあせる必要ないのに。)

今では、夜が来るのが憂鬱です・・・

気を取り直して・・・



尾瀬の植物

歌で有名なミズバショウは時期が違うので見れませんが、7月の尾瀬はたくさんの花が咲いています
ぱっと目につくのはニッコウキスゲの群生です。
でも、足元にもたくさんの花が咲いていますよ!

何て言ったって本当にたくさんの人が次から次へとやってくるので、なかっなか立ち止まれないんですが、それでもささーっと撮ったもの、人が少ない牛首分岐以降に出会った植物をご紹介しますね。

注 : レモン、植物の名前は本当に知りません。なので、もし間違っててもお許しください。
   (訂正いただける場合は、どうか優し~く優し~くお願いします。)


オゼヌマアザミ                    カキツバタ
尾瀬オゼヌマアザミ  尾瀬カキツバタ

キンコウカ
尾瀬キンコウカ1  尾瀬キンコウカ2 

上から見たらお花が☆に見えるね~って・・あれ? よく見たら?! 
お花に向かってホバーリングしている方がいらっしゃいました。  拡大してみましょう


尾瀬コバギボウシ  尾瀬植物

トキソウ                        ニッコウキスゲ
尾瀬トキソウ  尾瀬ニッコウキスゲ
                                             (葉っぱは別です)
ヒツジグサ                      ミヤマシシドウ?
尾瀬ヒツジグサ  尾瀬ミヤマシシウド     

    

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログランキングに参加しています。 
            今日は何位かな?




スポンサーサイト
【2008.07.29 (Tue)】 ’08年07月 尾瀬 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
尾瀬 ③


3時20分、なんとか山ノ鼻に到着


山ノ鼻

尾瀬11  

小屋が見えてきて、ちょっと一安心

でも、この後は延々3.3km、今度は登り続ける事なります

時間を気にしながらも、ここでは少し長い、15分の休憩を。(本当はこのまま寝たかった・・。)
この頃にはお互いに足をマッサージすることをおぼえ、ひたすらマッサージ&水分補給です。
そしてガンガンしてきた頭には飴を。 糖分は大事です

ちょっとビジターセンターをのぞいてみる?って気持ちはおこるんですけど、体がついてこないので諦めました



さあ!勇気を出して(笑)、頑張りましょう!!!

尾瀬12 

こうやって↑、同じ間隔の段差を上がっているときはまだいいんだけれど、途中で段差が変わったり、石がいっぱいの坂道になったりすると、ずしーーーっと足腰に響きます

この頃になると、すれ違う人は本当にまばらです。
(この時間から湿原の方に向かう人は、山小屋に泊まる人たちです。)

団体で来ている人はもう帰ってしまっているので、主に出会う人といえば、登り疲れて足が上がらなくなった人たち
みなさん肩で息をしながら、ぼー然としています

レモンはというと、階段では手をひいてもらい、坂道では後ろから押してもらい、バジルさんに叱咤激励(ちょっと使い方違いますね)されながら登って行きます。バジルさんは優しいけれど、何度もいいますが、結構スパルタなので、いつでも休んでいいからね!の言葉をくれながらも、立ち止まりそうになると、まだガンバレ!の声が。自分なりのMAXまで、必死に、もう必死に頑張るので、その時がきたら急にへなぁ~ってその場に座り込んでしまいます。

もうね、足が痛いとか、膝がおかしいとか、そんなのも通り越してしまって、マヒしてます

時間との戦いで休める時間が少ないのは辛いけれど、こんな↑調子なので、込み合ってる時間帯じゃなくて本当に良かった・・。だって数珠つなぎで登っていかないといけなくなると、自分ペースでなんてムリだし、休憩もとれないし。




夕方4時頃、無事、鳩待峠に生還(笑)!!!!

行き(下り)は1時間、帰り(登り)はなんと50分!で登りきる快挙です!!!

レモン、やるときはやる女です!!!って半分はバジルさんの助けです

でもすごいと思いませんか?
ガイドブックの ” 各区間所要目安時間 ” では、行き(下り)1時間、帰り(登り)1時間30分ってなってるんですよ!!!
やっぱり、「頑張って急いで帰れたら、お台場辺りをドライブしながら帰ろうね」の一言は効きました



鳩待峠からは、またバスか乗り合いタクシーで麓の駐車場に向かいます。
つまり、このヘロヘロ状態のまま、あの山道をドライブするわけです

しかも、そのバス&タクシー待ちの列の長いこと長いこと
しかも、しかも、ここへ来てついに雨が降ってきました。結局土砂降りです
(そんな中、一人列に並んでくれるバジルさんは、何て優しいんだ!!レモン?レモンは雨宿りです。ごめんなさい。・・。常におんぶに抱っこ状態で、少しは役に立ってるのだろうか・・。)

ここで、もう少し待ってくれれば良かったのに・・・と思うのか、坂道を登っている時に降られなくて良かった・・・って思うのかは自分次第。私たちの場合、こんな時に降られてしまうような状況にばかり遭遇しているので、ちょっと強くなってきたのかな?登ってる時に降らなくてよかったね~って言いながら帰りました。




ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログランキングに参加しています。 
            今日は何位かな?




ご褒美のお台場ドライブ?

行けましたよ☆
家に着いたのは夜中12時でしたけど・・・

長い長い1日でした

バジルさんの優しさと、スパルタぶりに、感謝しながら過ごす毎日です。


【2008.07.27 (Sun)】 ’08年07月 尾瀬 // TRACKBACK(0) // COMMENT(4)
尾瀬 ②


さあ、いよいよ出発です


まずは、鳩待峠から山ノ鼻へ向かいます。

鳩待峠~山ノ鼻

尾瀬1 

山ノ鼻までの3.3km、ほとんどずっと下り道です。

すれ違う人の様子を見てください。みなさん、倒れそう
時々、もう歩けない~ってしゃがみこんでいる人に出会います。 ・・・。 ・・・・・・・。
私も帰りはこの坂を登り続けることになるのか・・と思うと・・・。・・・・・・・・・・・・・。    
できるだけ考えないようにしよう・・・

実はこの時の私、車酔いでフラフラでした
坂を下る一歩一歩が、お腹に響くー

膝をかばいながら、そして気分が悪いのと戦いながら、必死で自分ペースで降りていくレモンをせかすバジルさん。(後ろからもどんどん人が来るから仕方ないんですが・・・。)
「そんなんなら先に行ってくれていい!!一人で行くから!!」 と今から思えば無謀なことを口走ったレモンです



山ノ鼻

約1時間で山ノ鼻に到着。 ここはビジターセンターやロッジもある、ほかのポイントより広い場所です。

約1時間、3.3km下り続けた結果、もうこの時点ですでに膝がガクガクしていました・・・
(普段の運動不足も、膝が弱いこともあるとは思うけれど、普段の日常生活で1時間も坂を下り続けることってあまりないですもんね。)

ここで早速お昼のおにぎりを食べました。まずは腹ごしらえから179
外で食べるって、どうしてこんなにおいしいのかなぁ

それにしても・・・あまりの人の多さにびっくり
団体で来られている方も多いようで、大きな人の塊がいっぱい。
おにぎりを食べている2人のまん前でも、急に団体さんが集まってなにやらおしゃべりが始まりました。みなさん思い思いにおしゃべりされているから、ガイドさんに「聞いてください!!!」って怒られてました
ちゃんと聞きましょうね。レモンはちゃんとバジルさんの言うことを聞いてますよ。7割くらいは



さあ、お腹もいっぱいになったことだし、出発です
いよいよ、ここからが本番
まさかスタートして、いきなりあんな坂道に遭遇するとは思っていなかったので(スタート地点から湿原は広がっているのかと思ってたのです・・・)、やっと想像した湿原に出会えたときは「うわぁ~これだー!」って声が出ました

山ノ鼻~牛首分岐

尾瀬2

お天気が良い日には、向こうに見えるひうちヶ岳が池に映って見えるのだそうです。
(逆富士のようなものです。)
この日はずっと雲の帽子をかぶっていました。
この時点では、いつも降られてばかりの私たちが、雨に出会わないだけましだと思っていました。
この時までは・・・。
 
日帰りツアーなんかで来られる方は、”牛首分岐” 辺りで引き返されるようです。
その先は、ぐっと人が減りました。(それまでは数珠つなぎ



牛首分岐~ヨッピ橋

この辺りは本当にお花も多くて、湿原の色んな顔も見れて、見る価値ありコースです☆

最初、日帰りツアーに参加するか、レンタカーを借りるか悩んだのですが、レンタカーで正解!
だって、この景色を見られたから☆

尾瀬4 尾瀬5

尾瀬6

ニッコウキスゲがキレイに咲き誇っています。
皆さん、本当に思い思いの方を向いて咲くんですね。(太陽のほう!とかじゃないのですね。)

ニッコウキスゲは、子どもの頃に連れて行ってもらった登山で覚えた、私の知っている数少ない高山植物の1つです。
そんなことも思い出しながら歩いていたのですが、実はすでに”気力”だけで歩いている状態でした。

尾瀬7 

ね!この辺りは素敵な景色がいっぱいでしょ↑↓。

尾瀬8 

いつものようにスパルタなバジルさんに、せかされるように歩き続けるレモン
(バジルさんは優しいけれど、いっぱい助けてくれるけれど、容赦ない部分もあります・・・。)
ふと足元を見ると、こんな↓お顔を発見。
尾瀬9

すでに体のあちこちが痛くて、頭も酸欠状態でぼ~としているレモンには、この後、あちこちにお顔が見えるようになってしまいました。(いちいち気になってしまう~



ヨッピ橋~竜宮

この区間はあまり特筆すべき景色もなく、それよりは”このままでは7時ごろに鳩待峠に着くのでは?ってことは横浜に帰れるのは何時になるんだー”ってことが頭によぎって気持ちは必死でした。
幸い?、写真を撮りたくなるような景色も少ない区間だったので、とにもかくにも前を向いて歩き続けることに全ての力を注ぎました!!
(ここで初めて、ガイドブックの ”各区間の目安所要時間” をクリア!!)


竜宮~牛首分岐区間は歩道の状態が本当に悪くて、足をとられてしまうのでますます足がガクガクに。
(この頃には歩くスピードは ” 早歩き ” に。だって時間がー

でもこの↓景色に助けられました。

尾瀬10 





ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログランキングに参加しています。 
            今日は何位かな?



【2008.07.26 (Sat)】 ’08年07月 尾瀬 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
尾瀬 ① 


尾瀬に行こうと計画をしたのは、こちらに引っ越してきて間もない頃。
関東にいる間に、ここにいるからこそできること、行ける所、をリストアップしていた時です。
すぐにガイドブックも買ったのですが・・・

私たちの決行の条件
 
 ① 天気がいい
 ② 体調がいい
 ③ レンタカーを借りられる
 ④ お花のきれいな季節

になかなか当てはまる週末がこなくて・・・。
特に①天気がいい がネックでした。(さすが天気には常に恵まれない私たち・・・
週間天気予報が雨だともちろんダメ、金曜日なんかにもし予報が晴れに変わっても、今度はレンタカーが空いてない

意外に難しいこの条件を満たしてやっと行けたのは、先週末のことでした
(この時も直前で予報が雨から晴れに変わったのですが、3連休のなか日だけれど、レンタカー最後の1台が空いていました。)

そんなわけで、金曜日の夜に急に決行が決まりました



7月20日(日)  尾瀬


早朝4時30分  起床
    ↓
   6時00分  出発
    ↓
   6時30分  レンタカーを借りていざ出発
    ↓
   10時30分 麓の駐車場に到着

5月中旬~10月中旬まで、マイカー規制が行われています。
なので、みんな麓の駐車場にとめて、そこからバスや乗り合いタクシーを利用することになるのですが、駐車場がどこもいっぱいで停めるのが本当に大変でした
このまま横浜に帰るしかないのかな・・・(泣) と思う瞬間も

無事に車を止めた後は、鳩待峠までバスか乗り合いタクシーで向かうことになるのですが、これがもう山道&山道で、トレッキングのスタート地点、鳩待峠に着く頃にはフラフラでした。 


鳩待峠にあった案内図です
尾瀬案内図 

赤く現在地とあるのが、私たちがスタートした鳩待峠です
ちょっと案内図の字が小さいですが、こんな↓コースを頑張って歩いてきました。

鳩待峠→山ノ鼻→牛首分岐→ヨッピ橋→竜宮→牛首分岐→山ノ鼻→鳩待峠  (約12km)

本当に頑張りました。 頑張りすぎな程、頑張りました

最低限の休憩で、鳩待峠に戻ってきた時には夕方6時頃でした。 (そして横浜へ・・・





ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログランキングに参加しています。 
            今日は何位かな?


【2008.07.25 (Fri)】 ’08年07月 尾瀬 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
| BLOG TOP |
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
lemon
  • lemon
  • 家から一歩出れば迷子になってばかり。まだ大阪駅も歩けないのに東京へ引っ越すことに!(と思っていたら新居は横浜だった^^;)東京での日々の奮闘を記録しようと始めたブログが、大阪に戻った今でも続いています。
    だって今も日々奮闘中・・・^^
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
Copyright © 2005 レモンのTokyo→Osaka奮闘記 ☆ All Rights Reserved. 【 / 】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。