おっちょこちょいな関西人の管理人(レモン)が東京での日々の奮闘をお伝えします☆
10 // 2017.11 // 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
マルタ共和国 -その2- ヴァレッタ①

 
~世界遺産 ヴァレッタ~

マルタの首都です。
1565年のトルコ軍によるマルタ攻略の”大包囲戦”の勝利後、聖ヨハネ騎士団長ジャン・パリソ・ドゥ・ヴァレッタによって築かれた城塞都市です。 (オスマントルコ軍4万6千人に対し、マルタはたった8千人だったそうです) 今でも当時の街並みが残り、世界遺産に登録されています。

徒歩で周れる広さですが、メインストリートだけでなく脇道に迷い込むのも楽しいです


ヴァレッタ10 

ヴァレッタ01 

あっちもこっちもぐるぐる迷子になりたくなる趣のある路地がってレモンは望まなくても日常的に迷子です



と、ここでまたも旅ブログのようですが、これ↓を知っていると写真だけのお披露目でもマルタの雰囲気が少しは伝わるかな~と思うので、レモンのわかる範囲で、レモンなりに、ちょっと書いてみます



聖ヨハネ騎士団

聖ヨハネ騎士団は1113年、聖地エルサレムに創立さた宗教騎士団で、テンプル騎士団、ドイツ騎士団と共に中世ヨーロッパの三大騎士修道会の1つに数えられている。エルサレム陥落後ヨーロッパを転々とし、1530年神聖ローマ皇帝カール5世(スペイン王カルロス1世)により、再びキリスト教徒の砦となるべくシチリア王からマルタ島を借りる形でマルタに本拠地が置かれる。
賃貸料は毎年”マルタの鷹”1羽。
騎士団員はヨーロパの富裕階級の次男以下の子弟によって成り、言語によってプロヴァンス、オーベルニュ、フランス、イタリア、アラゴン、イングランド、ドイツ、ポルトガル、カスティーリヤに分けて構成されていた。その規律は厳しく、清貧と貞潔を誓い、結婚は認められていなかった。

騎士団はそれぞれ出身地により宿舎があった。(聖ヨハネ礼拝堂には言語別に8つの礼拝堂があります西欧の国々からの援助や、団員の親からの経済的援助、相続などによる領地からの収入はマルタにもたらされ、様々な建造物の建築や装飾に用いられた。(それらは現在も残っています。聖ヨハネ大聖堂はその外見からは想像できませんが、ものすごーーーーーーく豪華です。隙間がないほどの装飾です!)

現在の正式名称はロードスおよびマルタにおけるエルサレムの聖ヨハネ病院独立騎士修道会というそうです。 ・・・・長い・・・。
遠く故郷を離れ、結婚をして家族を持つことも出来ないってかわいそう・・・って思うのはレモンだけでしょうか・・。(やっぱり実際に規律とうり厳しかったのかな・・。)


聖ヨハネ大聖堂
ヴァレッタ02 
騎士団長の宮殿
ヴァレッタ03  





  

ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログランキングに参加しています。 
            今日は何位かな?
 

スポンサーサイト

【2009.03.12 (Thu)】 ’09年02月 マルタ // TRACKBACK(0) // COMMENT(4)
« マルタ共和国 -その3- ヴァレッタ② | BLOG TOP | マルタ共和国 -その1- »
この記事に対するコメント
ヴァレッタの街並みは、今の生活観があるのに、歴史も感じさせてくれる雰囲気がありますね~
聖ヨハネ大聖堂や騎士団長の宮殿 の天井画や装飾床の美しさは素晴らしいですね~
レモンさん撮影は、もちろん手持ちですよね~凄く綺麗に撮れてるから感心してました。
イタリアに行った時もそうでしたが、レモンさんのように歴史的背景をしっかり頭に入れていないと、折角の世界遺産もタダの古い建物にしか見えなくなってしまいますよね・・・ナイスな解説ですね!
ポチ応援です。
【2009/03/13 ()】 URL // noah #382T7QhA [ 編集 ]
こんにちは~^^
ヨーロッパの街並みって、石が多いので、外側は当時のまま、という
のがいいですよね。
日本では、なかなかそうはいきませんものね。
路地って、歩いてると楽しいですよね。
私は、水路に渡す橋があったりして、ベニスの路地が好きです~♪
ヨハネ大聖堂の、天井画、床画、壁画・・・すごいですねー
こんな、聖堂見た事ないです。

娘の通ってた学校のシスター方も、故郷を離れ、結婚はイエス様と
なさった方ばかりなのですが、
お話していて、信仰の強さって素晴らしいモノがあるのだなぁ、と感じます。
私には、絶対に無理ですが・・・^^;
【2009/03/15 ()】 URL // 紅寿 #gV00HZg. [ 編集 ]
noahさんへ☆

レモンはちっこいデジカメとちっこい三脚を持っています。
でも度々、三脚を忘れます。この時も^^;
(あっでも教会では三脚は使えませんね)
褒めてもらうとすぐその気になってまた大量に撮りだします^^;
本当は一眼を持ちたいのですが、長時間持ち歩くのは重そうで我慢しています(><)

レモンもいつも勉強不足のままでかけてしまいます。そして行く先々で色んなものに興味を持ち、帰ってきてからお勉強します。行く前に勉強していけばもっと見方が違って旅が充実してくるかと思うのですが、いつも帰国後です・・・。
(どうしても行く前にお勉強ができないのはなぜなのでしょう・・・^^^;)
そしてその反省と後悔を、旅ブログの方で発散?しているのです^^;

【2009/03/16 ()】 URL // レモン #- [ 編集 ]
紅寿さんへ☆

木の文化もたくさん良い所がありますが、石の文化はずっと残せていけるところが素晴らしいですよね。
レモンもヨーロッパの街並みは大好きです☆
ベニスは大大大好きです!!!
一度だけ行ったことがあるのですが、あまりにも滞在時間が短くてやり残したことがいっぱいです。(いっぱい迷子になってみたかったのです!)
また行きたいね~と話している街の1つです。

ヨハネ大聖堂、その装飾の豪華さと素晴らしさ、レモンもあんなにすごいものを見たことがありません!豪華さではバチカンよりすごいのでは・・・。
豪華=素晴らしい とは限らないのかもしれませんが、でも圧巻です!
(本当は芸術的にもスゴイです!と言いたいのですが、レモンに芸術がわかっているのか・・・疑問ですものね^^)
【2009/03/16 ()】 URL // レモン #- [ 編集 ]
この記事にコメントを書く











管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://lemon195.blog37.fc2.com/tb.php/176-0732d113
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
lemon
  • lemon
  • 家から一歩出れば迷子になってばかり。まだ大阪駅も歩けないのに東京へ引っ越すことに!(と思っていたら新居は横浜だった^^;)東京での日々の奮闘を記録しようと始めたブログが、大阪に戻った今でも続いています。
    だって今も日々奮闘中・・・^^
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
Copyright © 2005 レモンのTokyo→Osaka奮闘記 ☆ All Rights Reserved. 【 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。