おっちょこちょいな関西人の管理人(レモン)が東京での日々の奮闘をお伝えします☆
07 // 2017.08 // 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
土曜日のお出かけ ~明治生命館~


スカイバスに乗ってすっかりご機嫌になったレモンは、帰る予定を変更してこのままお散歩に出かけました~

(きっとこれがいけなかったんですねぇ・・・ 1時間弱バスのデッキで風にあたった後、直ぐに帰らずに寄り道して・・・。夜にはすっかり風邪がぶり返してました そして今も何となく治りきってない気が・・・

ガイドさんが教えてくれた明治生命館。

わざわざ丸の内まで見に来ようとは思わないけれど、せっかく今近くにいるんだったら!と思って。
(土日→”限定”←に弱いのです~

明治生命館
 スカイバス09
 
ちょうどスカイバスが前に止まってます! レモンたちの次のバスかな? また乗りたいなぁ~


明治生命館は中に入ってビックリしました。

しっかり”観光場所”として整えられているのです

入ったらまずレトロなエレベーターで2階へ上がって、立派なパンフレットをいただいて、案内にしたがってコースをまわります。
(ご自由にどうぞ~っていう雰囲気じゃないんですよ!しっかりコースも決められてて、警備の人も何人もいて。)


案内によりますと・・

明治生命館が竣工したのは昭和9年3月。建物の設計は明治末から昭和初期にかけて活躍した建築家、岡田信一郎で、建物全体の構成や設備の充実度から昭和初期におけるオフィスビルの最高峰といわれています。
戦時中の金属回収、東京大空襲、そして終戦後にはアメリカ極東空軍司令部(FEAF)として使用するために連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)に徴収され、米・英・中・ソの4ヶ国代表による対日理事会(ACJ)の会場として使用されるなど、昭和の激動を乗り越えてきました。
平成9年、昭和の建造物としては初めて国の重要文化財に指定されました。


パネル説明もとっても詳しく!
明治生命館01 明治生命館02

明治生命館は古代ギリシア・ローマを源流とする古典主義様式でまとめられています。

パネルの”コリント式オーダー”なんて言葉を見ていると、ギリシアを旅した時のことを思い出します☆

明治生命館03 

画面上で指を動かすと、それにあわせてモニターの中の建物もくるくる

バジルさん、手だけのブログデビューです

会議室
明治生命館04

対日理事会の会場として使用されたお部屋だそうです。

(おまけ)
ここで、びっくりの3人組のおばさまに出会いました・・・。
見学の道以外は中に入れないようになっているのですが、おばさまたちは・・・
おば様A : ここ、入れるんでしょ
おば様B : ロープあるよ
おば様A : でもここに隙間があるから。隙間があるってことはここから入っていいのよ!
おば様C : でも入らなくてもここから触れるから!
とまぁこんな具合で、ロープとロープの間から入ろうとしたり、手を伸ばして椅子をべたべた触ったり(手形ついてる・・・)、挙句にお部屋の家具の引き出しを開けたり閉めたり手を入れたり・・・
レモンはイライラ
触ってはダメです!と言いたい!言えないそれに3人の話を聞いてると何を言っても通じなさそう・・。
先日パリのルーブルで、彫刻の台に登って彫刻に抱きついて写真を撮ろうとしていた人がいて、警備員の人に怒られていましたが・・・同じレベルだ・・・。
3人組が少し前を歩くので、常に視界に入ってしまって心穏やかに見学が出来ないレモンでした・・・。
(注意した方が良かったのかな・・・ 注意していいのかな・・・ 倍返しされそうだけど・・・

ここで吐き出したので、ちょっとスッキリしました

ではまた観光に戻りましょう~

食堂
明治生命館05 

食堂の立派さよりも驚いたのが、食堂に隣接するお部屋にあるこちら↓

ダム・ウェーター (昇降機)
明治生命館06 

お料理用の昇降機です。
地下の厨房から直接お料理があがってきます。(時代を考えると豪華~


廊下にあった謎のもの
明治生命館07  郵便差入口って・・・なにかな??

執務室
明治生命館08 
 
応接室
明治生命館10 

昭和初期に流行したスパニッシュ様式だそうです。
ステンドグラスや梁のある天上が特徴です。

そしてまたもレモンの目に留まってしまって、バジルさんを質問攻めにしてしまったものがこちら
              ↓  ↓
明治生命館09

暖炉の横にあるこの家具ね、広げると”何か”になるようなのです。

その”何か”が気になって仕方がないレモンは、パネルを読んだりパンフレットを見たりしているバジルさんの横で「これ何~?何になるの?何か書いてある?何て書いてある?」とうるさい・・・
(自分では読まないところがいけません・・・

ここも応接室
明治生命館11 

応接室の隣にはなんと健康相談室。 時代を考えるとちょっとビックリ。 福利厚生の一環?

明治生命館12 

またまたパネルより
健康相談室は昭和13年に創建された健康増進施設で、現在のように健康診断が一般的でなかった頃に、生命保険会社による社会貢献の一環として発足。当時としては最新のドイツ製の心電図計(エレクトロ・カルヂオグラム)が導入されました。


この後は1階に降りて出口まで~

明治生命館13 

明治生命館14 

中央部分は大きく吹き抜けになっていて、見上げるとお空が!

(うん?3階もあるのになぜ空が?あれ?うん?あら?・・・バジルさんに聞いてみよう・・・


床にね、
明治生命館15 

アンモナイトの化石があるので、行かれた方は探してみてください

(案内板があると思いますよ)



ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログランキングに参加しています。
            今日は何位かな?



レモンの更新の遅さには、この写真の数にも原因があると思います
写真をたくさん撮る→絞りきれない→たくさんアップすることになる→時間がかかる→大変だからなかなかやろうとしない→どんどん写真がたまる


スポンサーサイト

【2009.10.16 (Fri)】 日々の出来事 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
« お・ま・け | BLOG TOP | 土曜日のお出かけ ~スカイバス~ »
この記事に対するコメント
この記事にコメントを書く











管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://lemon195.blog37.fc2.com/tb.php/228-304e15da
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
lemon
  • lemon
  • 家から一歩出れば迷子になってばかり。まだ大阪駅も歩けないのに東京へ引っ越すことに!(と思っていたら新居は横浜だった^^;)東京での日々の奮闘を記録しようと始めたブログが、大阪に戻った今でも続いています。
    だって今も日々奮闘中・・・^^
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
Copyright © 2005 レモンのTokyo→Osaka奮闘記 ☆ All Rights Reserved. 【 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。