おっちょこちょいな関西人の管理人(レモン)が東京での日々の奮闘をお伝えします☆
08 // 2017.09 // 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
ぐるり東北桜名所めぐり (5) 

やっと書けた東北の旅行記。
もう随分前のことになってしまったので、すぐに前回書いていたところの後ろに移動させますね


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


翌日もあいにくの天気。とことんお天気には恵まれない私たち。

2日目のスケジュールはこんな感じ ↓

 安比高原(バス)→小岩井→田沢湖(車窓)→角館→桧木内川堤→厳美渓→仙台→(新幹線)→東京

昨日に引き続き、盛りだくさんです。

ホテルを出てバスがまず向かったのが小岩井一本桜
高校の修学旅行で小岩井農場に行ったことを思い出しました。確か・・・あの時も雨 

遠くから眺める一本桜は・・・お天気が悪いのも手伝って満開なのかどうなのか全然わかりませんでした
(レモンが立って写真を撮っている場所は道路です。一本桜を見に来る観光バス以外、車は通りません。でもそのバスがくるわ来るわって自分もその一人だけど

小岩井の一本桜01

田沢湖 (車窓観光) 

走る車の窓から撮りました。湖との間にある木々がサッっと目の前を通りすぎるのを避けながら

(キレイに撮れなかったので小さくお披露目しています クリックしていただくと大きくなります。キレイorキレイじゃない よりもその前によく見えないじゃない!って方はクリックしてみてください。)

田沢湖01 




そして!この旅の最大の目的地、角館に着きました!!!

外は土砂降りです~


角館 

角館は秋田県仙北市にある城下町。現在も藩政時代の地割が踏襲され武家屋敷等の建造物が数多く残されており”みちのくの小京都”とも呼ばれている。
戦国時代には戸沢氏の本拠地であったが関が原の合戦後、戸沢氏が常陸多賀郡へ転封、佐竹氏が秋田へ入る。1603年、佐竹義宣の実弟にあたる蘆名義勝が所預かりとして角館に入る。(なお蘆名氏は3代で断絶、変わって1656年に佐竹氏の分家、佐竹北家の佐竹義隣が角館に入り、以降明治まで11代続いた。)
町は1620年、それまでの角館城北側から現在の場所へ移転される。”火除け”と呼ばれる広場を中心に北側は武家屋敷が建ち並ぶ”内町”に、南側は町人や商人が住む”外町”に区分された。現在、武家地と町人地に分けた火除けそのものは現存しないが、火除け地の跡が残っており、その一部に仙北市角館庁舎が建っている。    
(以上、色んな説明をまとめてみました 間違ってたら・・・ゴメンなさい


さて、楽しみにしていた念願の角館は・・・・

期待していた桜より、町並みより、無数に咲く”傘の花”が目をひきます~

角館01 

土砂降りの雨で桜は楽しめないし、たくさんの人とその傘で町並みは見えないし、あとは・・・武家屋敷を見るだけ・・・かな


石黒家
武家屋敷通りの北端に位置する石黒家は、角館の武家屋敷の中で現存する最も古いもの。モミや枝垂桜など樹齢250年を超える深い木立の中に主屋、門(薬医門)、のぞき窓をつけた黒板塀、土蔵などが江戸時代そのままの姿で保存されている。門を入ると正面玄関と脇玄関があり、客の格式、身分によりその使用を分けていた。二つの玄関を持つのは身分が高い武家の家で、石黒家は佐竹北家に仕え、財政関係の役職についていた家柄。

石黒家01 

この黒い塀が角館の雰囲気をとてもよくしています☆
桜もこの黒い塀がある町並みによく映える・・・はず。(どんより空の元ではわかりません~

左下の写真、こちらの玄関は特別な時以外使われません。

石黒家02 石黒家03
石黒家05   
石黒家06 
石黒家07 石黒家08


青柳家
もともと蘆名氏の有力武将だったが、芦名氏が絶えた後は佐竹北家に仕えた。
藩への功績が認められ特別に許された青柳家の薬医門は、青柳家の誇り。

青柳家01 

この青柳家、入ってビックリ!本当に広いんです。
広い庭には武家道具館、秋田郷土館、ハイカラ館、青柳庵ミュージアム、山車、ショップなんかもあります。

青柳家02 
青柳家03 青柳家04

小田野直武像 (青柳家のご親戚だそうです)
青柳家07 

平賀源内に師事、秋田蘭画を確立、源内から杉田玄白を紹介され『解体新書』の挿絵を描いた方だそうです。
像の後ろにその生い立ちがパネル(?)で説明されています。

青柳家09

青柳家10 青柳家12
青柳家11 
青柳家13 



岩橋家
蘆名氏の重臣で、蘆名氏が絶えた後は佐竹北家に仕えた家柄。
屋敷は江戸時代末期に改造、屋根の茅葺きから木羽葺きに変えられ現在の形となる。
(たそがれ清兵衛のロケ地だそうです。観てないからわからない・・・)

岩橋家01 



角館での自由時間はこの後ご紹介する桧木内川堤の桜並木散策をあわせて2時間。
解き放たれた(ツアーに参加すると時々こんな気分になります)時は、2時間・・この雨の中・・・・と思ったけれど、色んな武家屋敷をのぞいたりしてるうちに集合時間になりました。
びちょびちょの傘を持ったたくさんの人がひしめくお店やレストランにはどうしても入る気がせず、ただひたすら観光してました。
(昼食?昼食はその後バスの中での時間がたっぷりあるので、買ってきたものをその時に頂きました☆ あっでも途中どうしてもほしくなったお団子を頂きました


ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログランキングに参加しています。
            今日は何位かな?







スポンサーサイト

【2009.07.06 (Mon)】 ’09年04年 東北・桜 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
« ぐるり東北桜名所めぐり (6)  | BLOG TOP | ぐるり東北桜名所めぐり (4)  »
この記事に対するコメント
この記事にコメントを書く











管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://lemon195.blog37.fc2.com/tb.php/312-7be09815
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
lemon
  • lemon
  • 家から一歩出れば迷子になってばかり。まだ大阪駅も歩けないのに東京へ引っ越すことに!(と思っていたら新居は横浜だった^^;)東京での日々の奮闘を記録しようと始めたブログが、大阪に戻った今でも続いています。
    だって今も日々奮闘中・・・^^
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
Copyright © 2005 レモンのTokyo→Osaka奮闘記 ☆ All Rights Reserved. 【 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。