おっちょこちょいな関西人の管理人(レモン)が東京での日々の奮闘をお伝えします☆
04 // 2017.05 // 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
平城遷都1300年祭 その1

平城遷都1300年祭、奈良各地のイベントは年末まであるそうですが、平城宮跡会場は11月7日までと聞いて、慌てて行ってきました
(あんなに行きたい!って言ったのに、このまま行けなかったら恨む!とバジルさんを脅しました~)


11月3日(水・祝)  奈良・平城遷都1300年祭

自宅から会場までは約1時間半。
早起きして始発のシャトルバス(大和西大寺発 8:30)に乗ったのにはワケがあります。
平城京歴史館&遣唐使船復元展示を見るためには、朝8:50から配られる整理券をゲットしなければなりません。
これが凄く並ぶとの事前の情報をもとに、朝から慌てて行きました
だってはるばる行って、残念ながら見れませんでした・・・なんてところがあったらイヤだもの!!
我が家は ”行くとなったら見学は隅々までしっかりと!!” がモットーです(我が家というよりバジルさんのモットーかな

時間どうりに無事大和西大寺駅に着いたけれど、残念ながら既にたくさんの人が並んでいて始発バスには乗れず
この先の混雑が心配になりながら、10分後の8:40のバスに乗車
(シャトルバスが10分おきに人を運ぶ・・・ 考えただけで観光客の多さにぞっとする

バスの中は身動きがとれない程の混雑ぶり。皆さん早起きだ
あちらこちらから聞こえてくる話を聞いていると、2度目、3度目の人もいるみたい。
そして、歴史館の入場整理券の話をする人がいっぱい。会場の駐車場でバスが駐車の順番待ちをしていると、「早く降ろして~間に合わない~」って声があっちからもこっちからも。
つられて焦るレモン
観光バスも続々と到着して、バスの外にはもうライバルがいっぱい!

レモンたちがバスを降りたのは確か9時半頃。
既に整理券をもらうための列は長~~~くなっていましたが、無事に、10:40入場の券をゲットしました

この日は結局、朝の配布分は約1時間で無くなったそうです。
よ、よかったぁ~。朝、くじけそうになったのを頑張って起きて!


朱雀門
奈良01 

朝イチで行ったので、朱雀門の開門の儀を見ることができました。
こちらも人・人・人
写真を撮っても人の頭ばかり入るので、バジルさんに撮ってもらいました

開門したら、ここを通って中に入れます。(門を通らなくても入れます。)

せっかく来たのだから、やっぱりここからスタートしなきゃ~と、もみくちゃにされながら通りました。


朱雀門を通り抜け、目指すは向こ~~~うの方にある大極殿。

大極殿への道のりで、一番の関門はコチラ ↓  踏み切り
奈良02 

この踏み切り、数分ごとに閉まるんですよ~
レモンは大極殿まで2往復したのですが、行き帰り、あわせて4回中、3回も踏み切り待ちをしました。
だってこの人数に対して踏み切りが開いている時間が短すぎるから、そこに辿り着くまでがまず大変!
(色んな電車が通っていくからビックリしますよ電車好きの人には好いポイントかも

無事に踏み切りを通過したら、目の前に広がるのは・・・空き地?広場?
この広大な緑の絨毯には入れないので、私たちはそれを回り込むようにして大極殿へ向かいます。

とりあえず、目標物をしっかり見てみよう!と、カメラを思いっきりズームにして撮ってみました☆

第一次大極殿
奈良03 

さぁ!頑張ろう!!

と元気に歩き出し、無事に大極殿の中を見学したところでタイムアップ! 

まだ外観は見てないけれど、もう歴史館に入る時間だ~と慌てて戻りました

会場の端から端への移動。ここ、広すぎます~

(基本、奈良の観光ってよく歩きますよね


頑張って辿り着いた大極殿、時間を気にしての見学でしたが、中の様子もご覧くださいませ


大極殿の中
奈良08 

大極殿
第一次大極殿は、奈良時代前半に、平城京の中軸線上に建てられた平城宮の中心的建物で、天皇が様々な国家儀式を行う施設でした。「大極」(太極)とは宇宙の根源のことで、古代中国の天文思想では北極星を意味します。大極殿は和銅8年(715)には完成していたと考えられます。
第一大極殿の内部には、高御座とよばれる天皇の玉座が置かれていました。高御座は、皇位を象徴する重要な調度で、天皇は即位式や元日朝賀などの国家儀式の際に、大極殿に出御して高御座に着座しました。貴族は、大極殿の南に広がる内庭に立ち並び、大極殿の天皇を拝しました。  (会場案内文より

大極殿は基壇と階段の基礎部分の痕跡が発掘調査で見つかり、それをもとに平面規模を確定して復元されたそうです。
と言っても、規模はわかっても姿形を示す資料は残っていないので、大極殿が移築された恭仁宮の大極殿跡の調査結果や法隆寺金堂、薬師寺東塔などの古代建築、平安時代の『年中行事絵巻』に描かれた平安宮の大極殿などを参考に復元されたそうです。

と言うことは・・・実際はこういう姿だったとは限らないわけですが きっとこんな雰囲気だったのですね

奈良14 
奈良15

大極殿から朱雀門を見た景色
奈良07 

さぁ、向こうに小さく見える朱雀門目指して、移動開始!!!

(この前庭、足元が砂利なので進まない~!


前庭を出たら大道芸人さんがいましたが、バジルさんに 時間!時間!時間っ! と3回言われ、見るのを諦めました

奈良09 




ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログランキングに参加しています。 
            今日は何位かな?




随分長く書いてしまいました。(普段からもダラダラ長いけれど
研修で大変なバジルさんの、帰り道のちょっとした読み物になればいいな

スポンサーサイト

【2010.11.19 (Fri)】 日々の出来事 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
« 11(いい)22(ふうふ)の日 | BLOG TOP | 私、ひと皮むけました »
この記事に対するコメント
この記事にコメントを書く











管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://lemon195.blog37.fc2.com/tb.php/344-1b198813
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
lemon
  • lemon
  • 家から一歩出れば迷子になってばかり。まだ大阪駅も歩けないのに東京へ引っ越すことに!(と思っていたら新居は横浜だった^^;)東京での日々の奮闘を記録しようと始めたブログが、大阪に戻った今でも続いています。
    だって今も日々奮闘中・・・^^
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
Copyright © 2005 レモンのTokyo→Osaka奮闘記 ☆ All Rights Reserved. 【 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。